子育て育児ブログ

猫と子育てのんびり生活

5匹の猫たちと6歳と4歳の女の子の子育て中☆猫と子ども、一緒に育てるとこうなりました!ためになった育児情報や育児グッズのレビュー、気になる育児関連のものなども。参考になると嬉しいです♪


育児新型インフルエンザワクチンQ&A

2009.11.18 Wednesday

ちょっと情報が乏しいみたいなので、聞いたり見たりしてためになった情報を書き出したいと思います☆



◆Q1◆季節性インフルエンザワクチンは新型インフルエンザにも効果がある?


◆A◆それぞれのワクチンはそれぞれのインフルエンザにしか効果がないと考えられてます。よって、季節性インフルエンザワクチンの接種を希望する場合(特に高齢者は接種したほうが良い)は、12月中旬頃までに接種することが望ましいとされています。なお、国内産の新型インフルエンザワクチンと、季節性インフルエンザワクチンの同時接種は、医師が必要と認めた場合に可能です。




◆Q2◆優先接種対象ではない人は接種できないの?


◆A◆優先的な対象者以外の希望者も接種を受けられるようにする必要性はあると考えられています。優先接種が終了次第、流行の状況や接種の状況などを踏まえ、政府や医療機関は対応していくようです。また、優先接種の対象者は、必ず接種しなければならないわけではありません。




◆Q3◆新型インフルエンザに感染した人でも、新型インフルエンザの接種が必要?

◆A◆一般的に新型インフルエンザに感染した人は、免疫を持っていると考えられるため、予防接種をする必要はないと考えられます。ただし、確実に新型インフルエンザに感染したと言えるのは、専門の検査(PCR検査など)でウイルスの確認がなされた方のみです。




◆Q4◆予防接種を受けると新型インフルエンザはかからない?

◆A◆今回の新型インフルエンザワクチンは、はじめて作るものですが、これまでのデータから、重症化や死亡の防止には一定の効果で期待できます。ただし、感染を防ぐ効果は証明されていませんので、接種したからといってかからないわけではありません。




◆Q5◆海外産と国内産のワクチンでは何が違うの?


◆A◆海外産のワクチンは、
1、現時点で国内での使用経験・実績がないこと
2、国内では使用経験のない免疫補助剤が使用されていること
3、国内では使用経験のない細胞培養による製造法によるものがあること(国内産は鶏卵培養による製造)
4、筋肉への注射であること(国内産では皮下への注射)
5、小児に対しては用量が異なること
などが、国内産のワクチンと異なっています。今後海外で承認されていることを前提として、さまざまなデータをもとに、有効性や安全性を確認してから接種開始になります。




◆Q6◆優先接種の対象者の順番は?



◆A◆提供できる数には限りがあるため、必要性の高い方が早く接種できるように「標準的なスケジュール」を示しています。
1、医療従事者
2、妊婦
3、基礎疾患を有する方(最優先)
4、基礎疾患を有する方(その他)
5、幼児(1歳〜就学前)
6、小学生1〜3年生
7、1歳未満児などの保護者
8、小学校4〜6年生
9、中学生、高校生、高齢者に順次接種
と、なっています。2回接種を想定に作られたスケジュールですので、1回接種になった場合は前倒しになることも考えられます。




参考になると嬉しいです。


また、最新情報は前日の日記の厚生労働省のホームページで見られるようです★

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/18 7:27 PM |


<< 新型インフルエンザの予防接種、予約完了! | TOP | 手作りベビーおもちゃ★第3弾 >>

育児カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

育児プロフィール

名前:mito  もっと見る

運営ブログ:
猫〜いろいろ動画

PRサイト:
ブログリンク集 Blo-Lin
mitoがカテゴリ登録を担当してます!
播州弁辞典
mitoの地元の言葉です!





育児最近のコメント





育児フィード

個人ブログリンク集 Blo-Lin にほんブログ村 子育てブログへ